加工ソフトに打ち勝とう | ソープランドや高級ソープで夢の時間を過ごしてみよう
menu

加工ソフトに打ち勝とう

バレエをしている女性

数年前までは数十万円、物によっては百万円近い額で販売されていたパソコンが、ハードウェアの急激な進化によって十数万円で購入できるような時代がやって来ました。
そんな時代の到来により、一昔前までは業務用ワークステーションと呼ばれるような非常に高性能なパソコンでなければまともに動作しなかったような写真編集ソフトが一般的なパソコンでも十分に動くようになりました。
そしてその結果どういったことが起こるようになったのかというと、ソープの店舗内に設置されている指名用パネル写真……この写真の加工技術が急激に上昇し、パネルマジックと呼ばれる「本人と写真に写っている人物が別人にしか見えない現象」が多発するようになりました。
以前までは加工ソフトの精度も低く、一目見るだけで加工されているというのが分かるような写真ばかりでしたが、ソフトの高性能化とそれに伴うパソコンスペックの向上により、今では誰が見ても加工したとわからないような、そんな写真も作られるようになったのです。
そんな状態になったのでパネルマジックを見抜くのは諦めたほうがいいのだろうか、なんて思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
きちんと加工をした痕跡を見つける方法や、加工の確認方法というものがあるのです。
確認方法はどういったものか、それは背景の確認です。
写真加工ソフトを使用し大幅な体型の補正などを行う際には、元々存在している画像のデジタルデータを曲げ、歪め、縮める事によって体型の補正といったものを行います。
その際、背景に何かしらの物が写っていると、当然ですがその写り込んでいる物も同時に形が変わってしまいます。
そのため、加工を行う際には背景を単色の壁紙やカーテンにしたり、はたまた単色の場所で撮影したものを後からクロマキー合成の要領できちんとした背景に当て込み、違和感を消しているのです。
したがって、ソープを利用する差位にパネルマジックを回避したいのであれば、写っているソープ嬢だけでなく背景にも注目をしてみれば良いかもしれません。
こういった加工の見破り方は、広島に存在するソープだけでなく、横浜や宇都宮、吉原などにある高価格帯のソープでも利用できるものなので、ソープを利用する際には憶えておくと良いでしょう。